08 29

投稿者: 南越前町 役場
2012/08/29 15:34

本日は、熱帯性の蓮「マムカラ」について少し詳しくご紹介いたします!

 

(平成24年8月29日撮影)

 

この熱帯性の蓮であるマムカラは、花はす公園では2012年に初めて冬を越すことが出来ました。

昨年までは、温室設備の整った大阪の「咲くやこの花館」http://www.sakuyakonohana.com/)より、毎年苗を頂いて移植し栽培していました。

 

(平成24年8月29日撮影)

 

オーストラリアの現地では、開花期間が8ヶ月間(他の品種は約2ヶ月間)と羨ましくなる程長く、一年を通じてほぼ休みなく生育を続けています。

マムカラは、生存が脅かされる様な気温が低下することの無い、一年を通じて温かい環境で生育していたので、蓮根は形成することはありません。

そのため、日本では小さな鉢植え以外では越冬は出来ないでいました。

 

露地栽培により生育するマムカラの様子は、ここ、花はす公園の他ではオーストラリア北部のマムカラ湿原でしか見ることが出来ません。

 

(←花はす公園では、こんな珍しい形のマムカラも見れます)

 

今回、日本では露地栽培にも関わらず越冬できたことは、蓮研究者の方々より大きく注目をされています。

 

 

来年も越冬できますように・・・。

 

 

Tags:

南越前町観光マップ

 

通行規制等のお知らせ

2019年06月10日 -

町道岩谷線の通行について(6月10日)

夜叉ヶ池登山道までの町道岩谷線ですが、現在通行可能です。
車両の運転などには十分注意を払い、ご通行くださるようお願いいたします。


福井県観光情報ホームページ

観光パンフレットダウンロード

このブログにはカテゴリがありません。

南越前町