お問い合わせ

助成の流れ

合宿団体   南越前町   概要
         
     ・事業についてのお問い合わせ受付   ※合宿場所・内容に添った合宿先及び宿泊先等の相談を承ります。
・合宿予約の申込み(対象宿泊施設及び合宿(文化・スポーツ)施設に予約)       ※対象宿泊施設及び合宿(文化・スポーツ)施設には直接予約申込みしてください。
       
・補助金交付申請書(様式第1号)の作成及び提出
 ※添付書類
 
 ・振込先通帳の写し
 ・代表者の学生証の写し
 ・参加者名簿
 ・合宿の行程表
・補助金交付申請書(様式第1号)の受理及び事前確認   ※補助金交付申請書(様式第1号)は、書類審査の後、正式に受理され補助金交付決定通知書(様式第2号)が発行されます。
     
・交付決定通知書(様式第2号)を発行   ※補助金交付決定通知は大切に保管願います。(合宿時にご持参し宿泊施設にご提示下さい。)
合宿の実施        
・ 宿泊先に宿泊料金の支払       ※対象宿泊施設に宿泊等証明書(様式第4号)の証明をしてもらって下さい。

・実績報告書兼請求書(様式第4号)の作成・提出
※添付書類
・合宿アンケート
・合宿施設の領収書の写し

・県外の団体で、地域交流活動を行った場合は活動報告書も作成・提出
・実績報告書兼請求書(様式第4号)受理及び内容確認
           
  ※実績報告書兼請求書(様式第4号)を受理・書類審査後、支払い手続きを行います。
       
・補助金の受領   ・ 補助金の支払   ※補助金の支払いについては、指定口座(団体名義の口座)へ入金されますので、正確にご記入下さい。

◎各宿泊施設にて利用者より宿泊予約開始

(合宿団体は、同時に町内の文化・スポーツ施設に予約)

補助の対象 県内外に所在する高等学校の生徒又は短期大学若しくは、大学の学生で構成し、文化・スポーツ技術向上若しくは、選抜選手による強化を目的とする合宿団体(ゼミを含む)。
ただし、上記の合宿団体が町内の対象宿泊施設において、1回の合宿延べ宿泊数(合宿に参加した延べ人数)が20人泊以上の場合とする。
≪該当例≫10人×2泊=20人泊(延べ)
※営利を目的とする合宿団体や単に公式試合やイベント等への参加のみを目的とする団体は対象としない。
補助金の額

≪県外の合宿団体≫
延べ宿泊数に1人泊当たり1,000円を乗じて得た額とする。
≪県内の合宿団体≫
延べ宿泊数に1人泊当たり500円を乗じて得た額とする。
※ただし、1回の合宿につき20万円を限度とする。

≪地域交流活動≫

1人当たり1活動につき250円を乗じて得た額とする。

※ただし、補助金に係る合計人数は当該合宿団体の延べ宿泊数を超えてはならない。

◎各宿泊施設にて宿泊開始

宿泊施設 領収書の発行の他に合宿団体が当町に請求するために必要な「宿泊等証明書」に記入押印
合宿団体

1.宿泊施設及び文化・スポーツ施設等に予約後、当町に補助金交付申請書を提出。
2.宿泊施設に支払完了後、当町に実績報告書兼請求書を提出。
(「宿泊等証明書」に宿泊施設にて証明をしてもらう。)

3.地域交流活動を行った場合、参加したことの分かる写真を作成した活動報告書に添付して提出。

◎補助金支払

随時、合宿団体に対して事業完了後、実績報告書兼請求書に基づき補助金の支払を執行。

合宿誘致助成金交付要綱

(趣旨)
第1条この告示は、本町における文化・スポーツ合宿の誘致を推進するため、町内で文化・スポーツ合宿を実施する就学者で構成された営利を目的としない団体(以下「合宿団体」という。)に対して予算の範囲内において補助金を交付するものとし、その交付については、南越前町補助金等交付規則(平成17年規則第38号)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(補助対象事業)
第2条補助対象事業は、県内外に所在する高等学校の生徒又は短期大学若しくは大学の学生で構成し、文化・スポーツ技術向上若しくは選抜選手による強化を目的とする合宿団体(ゼミを含む)で、次の各号のいずれにも該当するものとする。ただし、町長が特に必要と認めるときは、この限りではない。

  1. 町内の宿泊施設に宿泊していること。ただし、宿泊施設は旅館業法(昭和23年法律第138号)による営業許可を取得しており、かつ、本事業の登録宿泊施設であること。
  2. 1回の合宿における延べ宿泊数(合宿に参加し宿泊した延べ数)が20人泊以上であること。ただし、公式試合やイベント等に参加出場するために宿泊し、かつ、その前後に合宿のために宿泊する場合については、公式試合やイベント等に参加出場する前日泊は宿泊数に算入しないこととする。
  3. 国、県又は他の地方公共団体等から合宿助成を受けていないこと。

(複数年度にわたる合宿の補助対象年度)
第3条1回の合宿が複数年度にわたる場合の補助対象年度は、当該合宿の最終宿泊日の属する年度とする。この場合において、前条第2号に規定する延べ宿泊数は、当該合宿の初日から最終日までの延べ宿泊数とする。

(補助金の額)
第4条補助金の額は、次の各号により算定した額の合計額とする。ただし、1合宿団体1年度当たり20万円を限度とする。

1. 合宿団体の延べ宿泊数に、県外の合宿団体については1人泊当たり1,000円、県内の合宿団体については1人泊当たり500円を乗じて得た額とする。

2. 合宿の実施期間中に県内で合宿団体が行う観光施設の見学、体験学習、地元団体と合同で行う取組又は地域行事への参加をした場合に係る補助金の額は、当該合宿参加者1人当たり1活動につき250円を乗じて得た額とする。この場合において、補助金に係る合計人数は当該合宿団体の延べ宿泊数を超えないものとする。

       

(補助金の交付申請)
第5条補助金の交付申請をしようとする者は、南越前町文化・スポーツ合宿誘致補助金交付申請書(様式第1号)に町長が必要と認める書類を添えて事前に申請しなければならない。

(交付決定の通知)
第6条補助金の交付決定通知は、南越前町文化・スポーツ合宿誘致補助金交付決定通知書(様式第2号)により行うものとする。

(変更の承認)
第7条補助金の交付決定を受けた団体が重要な変更により、第5条の申請の内容を変更しようとするときは、南越前町文化・スポーツ合宿誘致補助金交付変更承認申請書(様式第3号)に町長が必要と認める書類を添えて申請しなければならない。ただし、交付決定額の20パーセント以内の変更等軽微な変更は、この限りでない。

(実績報告及び補助金の請求)
第8条補助金の交付の決定を受けた団体は、事業終了後速やかに南越前町文化・スポーツ合宿誘致補助金実績報告書兼請求書(様式第4号)に町長が必要と認める書類を添えて提出しなければならない。

(その他)
第9条この告示に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則
この告示は、平成26年4月1日から施行する。

各種書類ダウンロード

こちらから関係書類をダウンロードできます。