お問い合わせ

平成24年灯りゃんせ ミニ写真コンテスト 


 

 審査結果発表

 

 

 

ミニ写真コンテストには36点の応募がありました。

応募いただきましたみなさま、ありがとうございました。

平成24年12月12日に行われた審査結果を公表いたします。 

関連ページ:灯りゃんせ&サンセットコンサート

「灯りゃんせ」ミニ写真コンテスト 入賞作品展示


【総評】
全体的には、デジカメになって撮りやすく成ったためか、良い作品の中にも感度を上げすぎて粒子が荒れすぎたり、手持ちのせいか被写界深度が浅く前ボケや後ボケが目立つ作品が多数有りました。三脚の使用が必要です。
夜の感じや蝋燭の調子を出すために、ホワイト・バランスは太陽光のままで撮影した方が、より燈火の雰囲気を出せます。
ホワイト・バランスのオートは避けた方が良いでしょう。

 

評:
日本写真家協会 会員
日本風景写真協会 副会長
    落井 俊一

入賞作品

大賞

 

 

京藤 寛孝 様 (福井県 南越前町)

 

【講評】

画面手前に浮球を大きくドンと配し、奥の方に船と波をイメージした燈火を入れた力強い作品です。
浮球のラインの反射も綺麗にでていますし、左奥の「灯」の行燈文字も暗闇に浮き出て効果的です。
立て構図ならもっと奥行き感が出たでしょう。ピントも良いですし、自家製でもしっかりとプリントされています。

準大賞

 

岡﨑 彦左エ門 様(福井県 福井市)

 

【講評】

中央の灯籠と狭い旧道に並ぶ小さな暖かい明かりが奥の方へ続き、「灯りゃんせ」の雰囲気や臨場感が良く表現されています。
もう少し手前のピントがしっかりすれば、もっと良くなったでしょう。

入選

 宮川 和也 様(福井県 福井市)

 

 岸下 怜史様(福井県 南越前町)

 

 田中 正生様(福井県 福井市)

 

 清水 元博様 (福井県 鯖江市)

 

 藤木 文子様(福井県 あわら市)