お問い合わせ

右近家の建物

 


 

             (右近家の全景)

 

右近家の敷地内には、村の旧道をはさんで、山側に本宅と3棟の内蔵、海側に4棟の外蔵が建っている。
本宅は、明治34年(1901)に、それ以前の建物を拡充して建てられた。
平入りの2階建で、切妻造りの屋根には瓦が葺かれている。瓦は越前瓦で、棟先に「右近」の文字の入った丸瓦が置かれている。内部は、欅や桧材の太い柱や、米国産の松材を用いたと伝えられる平物、蝋色漆塗りの床框に象徴されるように、たいへん豪勢な造りになっている。
土蔵は、いずれも2階建で、欅材が多く用いられている。外蔵の南側3棟と北側1棟の間には、塗籠の長屋門があり、海に向かって開かれている。
本宅の北側には、山の斜面を背景にして造られた和式庭園があり、そこには、茶室が建てられている。

 

  

      (屋根の鬼瓦)               (通りをはさんで建つ本宅と蔵)

 

 

  
         (庭園と茶室)                       (西洋館)

 

本宅背後の高台に、「西洋館」と呼ばれる別荘がある。昭和10年(1935)に建てられたもので、鉄筋コンクリート2階建となっている。設計者は、明治末期から昭和初期にかけて日本各地で洋風建築を手がけた、アメリカ人のウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏ともいわれている。なお、建築工事は大林組が行った。
外観は洋風で、屋根には茶色のスペイン瓦が葺かれ、2階部分の外壁は北欧の校倉造り風の桧丸太積みになっている。また、バルコニーも設けられている。
内部は和洋折衷になっており、1階には、暖炉を備えたホールと寝室を中心に、厨房、洗面脱衣室、浴室、水洗便所などがあり、2階には4畳の前室を持った10畳の和室がある。
また、背後の山には散策道でつながる庭園や、当時としてはめずらしい鉄筋コンクリート造りの擬木を用いた休憩所があり、そこからは日本海を一望することができる。

 

                

                     (西洋館内のステンドグラス)

 

 

           

 

常設展示品の紹介

 常設展示品の紹介展示品の一部を紹介します


航海用具


     船磁石と龍吐水(ポンプ) 


 

航路や港の情報を記した航海書

 


商い道具 

            印鑑-右近家の船頭が、取引や帳簿の作成で用いたもの


 
船箪笥

           懸硯(かけすずり)
船往来手形・仕切り状・現金などの保管庫として用いわれた


 

             半櫃(はんがい)
船頭の衣装入れとして用いられた

ふたに右近家の家紋(茶の実)と、「右」「権」の文字がはめ込まれている

 


 
       知工箪笥(ちくたんす)
書類入れと机を兼用したもの

引出しの裏面には、天保九年に買い求めたことが記されている
 

 
船乗りの衣装・持ち物

 


             印半纏-「右近」の文字がデザインされている

 


 

南越前町観光マップ

通行規制等のお知らせ

2017年10月24日 - 夜叉ヶ池登山道 入山禁止
台風21号の被害により、現在、夜叉ヶ池登山道は入山禁止となっていますので、ご注意ください。

福井県観光情報ホームページ

観光パンフレットダウンロード

  •  
  • 詳細地図はこちら 

■所在地

 

〒 915-111

福井県南条郡南越前町河野2-15

北前船主の館・右近家

℡.0778-48-2196

 

■利用案内

開館時間

 AM9:00 ~ PM4:00
 
休館日

 毎週水曜日
 年末・年始(12月29日 ~ 1月3日)
 
観覧料

 大人(一般・大学・高校) 500円

 小人(小中学校)           300円

 *団体は20人以上

南越前町