お問い合わせ

「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 ~北前船寄港地・船主集落~」が日本遺産に認定されました!

 江戸時代から明治時代にかけ、日本海の海運で活躍した北前船に関連する11自治体が文化庁に申請していた「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落~」が平成29年4月28日に日本遺産に認定されました。

認定記念セレモニー

  日本遺産の認定を記念して、4月28日(金)15時30分から「北前船主の館 右近家」で敦賀市と合同セレモニーを行いました。会場には地元の方など約150名が集まり、地元河野保育園の園児たちの歌が披露されるなど認定をお祝いました。

ストーリーの概要

 江戸時代、北海道・東北・北陸と西日本を結んだ西廻り航路は経済の大動脈であり、この航路を利用した商船は「北前船」と呼ばれました。北前船は、米をはじめとした物資の輸送から発展し、船主自身が寄港地で仕入れた多種多様な商品を、別の寄港地で販売する買い積み方式により利益をあげたことから「動く総合商社」と形容されました。各地に繁栄をもたらした北前船の寄港地・船主集落は、今も日本海沿岸を中心に数多く残り、時を重ねて彩られた異空間として人々を魅了しています。

構成市町

酒田市(山形県)、函館市、松前町(北海道)、鯵ヶ沢町、深浦町(青森県)、秋田市(秋田県)、新潟市、長岡市(新潟県)、加賀市(石川県)敦賀市、南越前町(福井県)

歴史、ロマンを感じる「河野北前船主通り」

 今回日本遺産に認定された南越前町の河野には、「北前船主の館右近家」や国重要文化財の「中村家住宅」など往時の繁栄を色濃く残す景観や建築様式が残り、時を重ねて彩られた異空間として人々を魅了しています。皆さま、是非一度足を運んでいただき、その歴史、ロマンを感じてください。

日本遺産とは

 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語る「ストーリー」を文化庁が認定するものです。
 文化財そのものが認定の対象となるわけではなく、ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。